ダイエットの基本は摂取カロリーと消費カロリーの管理

ダイエット始める前に

ダイエットの基本は摂取カロリーと消費カロリーの管理

人はなぜ太るのか?の肥満原因を見ていただければ理解できると思いますが、ダイエットの基本は崩れた摂取カロリー量と消費カロリー量のバランスを正常に戻すところにあります。
ダイエットの基本をもっと端的に表現するならば
食事管理と運動です。



ダイエット中の食事について守るべきこと

朝、昼、晩、3食とること朝、昼にしっかり食事を取るのが理想です。
夜は軽めに出来るだけ寝る3時間前までに済ませる。
2回に減らしてもいいのではないか?と思われるかもしれませんが、人間には飢餓に備える本能的な機能があります。
食事量が減ったり、回数が減ると「ひょっとして今食べ物ないのでは?」と判断し、「次の食事の時にエネルギーを溜めておけ!」という指令が出ます。
するとどうなるかというと、食事で得たエネルギーを脂肪として溜めてしまうのです。
食事量は減っているわけですから体重だけみれば減るかもしれませんが、体の中の内臓などに脂肪が蓄積されているのです。
見た目は細いが実は脂肪が蓄積されている隠れ肥満がこのことです。


できるだけ毎日同じ時間に食事する 間食をしない食物を食べて、トイレで排出するまでの間に、摂取、消化、吸収、排出と一連のサイクルがあり、1日のうちで各工程の時間帯が決まっています。
サイクルに乱れが生じると体に不具合がおこり結果的に肥満につながることがあります。


偏食、同じものばかり食べない最近ではバナナダイエットなるダイエット法が注目されましたが、その食材にダイエット効果があるにせよ、同じものばかり食べていては栄養が偏るのは当たり前です。
それに低カロリーなものばかり食べても必要カロリーが摂取できないことも考えられます。絶食ダイエットとあまり変らないてこともありえるということです。
大雑把ですが、ダイエット中の食事について守るべきことは以上です。
ちなみに、魚以外の脂質は摂取してもあまりいいことはないと思います。

1日1500kcalのらくらくダイエットごはん (パッとわかるシリーズ)

1日1500kcalのらくらくダイエットごはん

カロリーを消費する運動

さまざまなダイエット運動があるので守るべきことはおこなう運動によって様々です。
共通して言えることは、無理をしないということでしょうか。
ダイエット中というのはいくら気をつけていても体力が落ちています。
体調が悪いなあと思ったら運動は控えることです。
小さなことでも思わぬ怪我や体の障害につながることがあります。

ダイエットの基本は摂取カロリーと消費カロリーのバランスを保つことです。
どちらか一方だけにとらわれ過ぎると、間違ったダイエットになりやすいと思います。
私も無理な食事制限でのダイエットをして障害が出たことがありますし、ダイエットのエクササイズのオーバーワークでケガも経験しました。

あとダイエットの基本というかある意味ダイエットに成功する最重要なこと。

継続 続けることです。

日々生活している中で忙しくて運動する時間がないなど多々あるでしょう。
そんな時はほんの数秒でもいいので動こうと意識してはいかがでしょうか。
通勤途中の電車の中で席が空いていても立っているとか、満員電車の中つり革をギュッと握って体を持ち上げようとしてみるとか。
デスクワークの時ちょっと足を浮かせてみるとか。
ちょっとしたことの積み重ねで随分違うと思います。


アクセス数: 14