サーキットトレーニングダイエット 1日3分簡単ダイエット運動

実践15キロ痩せたダイエット運動・エクササイズ

サーキットトレーニングダイエット 1日3分簡単ダイエット運動

サーキットトレーニングダイエットは1日3分でいいというダイエット運動・エクササイズです。
その方法はいたって簡単、無酸素運動(腹筋トレや腕立て伏せ、筋トレなど)を30秒行い、その後つづけて有酸素運動(ウォーキングや足踏みなど)を30秒行います。
無酸素運動30秒プラス有酸素運動30秒、計1分がワンセットとなります。
これを1日3回行うだけです。
サーキットダイエットを3分するとウォーキング30分以上のカロリー消費だそうです。


サーキットダイエットエクササイズのやり方

1.無酸素運動から30秒行います。
まっすぐ立って、両手をまっすぐ上に思いっきり伸ばします。
体が上に引っ張り上げられる様な感覚になるまで目一杯体を伸ばす。
つま先立ちになるくらいまでです。
次にしゃがみ込んで両手を床に着きます。
そして両足を後方へ延ばし、腕立て伏せの体勢になります。
この時おしりや腰のあたりが下に落ちたり、ぴょこんと上がらないようにします。
体は常にまっすぐになるようにします。
そして再び両手を床に着いた状態を経て、最初の両手を高く上げた体を目一杯伸ばした体勢に戻ります。
この一連の運動を30秒間繰り返します。
全身の筋肉を大きくダイナミックに動かすことを意識して、体を伸ばす動き、縮める動きにメリハリをつけて、出来る限りすばやく運動することが無酸素運動パートでは大切です。

2.休まずに有酸素運動30秒にうつります。
有酸素運動は、その場でのジョギング、腕を振っての足踏みなどでよいでしょう。
ただし呼吸だけは止めないこと。有酸素運動ですから、酸素を十分に体へ取り込むことが意識します。
鼻から息を「スースー」と吸って、「ハーハー」と口から吐き、リズミカルに呼吸をしましょう。

以上で無酸素運動30秒、有酸素運動30秒のサーキットダイエット運動ワンセット終了

実際にサーキットダイエットをしてみるとわかると思いますが、かなりハードです。
日頃運動をしない人にとっては無酸素運動30秒は地獄です(苦笑)。

下手をするとケガの恐れがありますので最初のうちは無酸素運動の部分をゆっくりめに行うほうがよいでしょう。もちろん準備運動も忘れずに。

サーキットトレーニングの効果ですが、私の体験からしてかなり期待していいのではないでしょうか。

理論的裏づけは私にはわかりませんが、どこでも簡単に(運動的にはハードですが)行えますしおすすめの簡単ダイエットエクササイズです。

慣れてくればワンセット1分(無酸素運動30秒+有酸素運動30秒)を増やせばさらにカロリー消費量は増えるわけです。

ここで間違わないでいただきたいのは、常に30秒間隔で無酸素運動、有酸素運動を交代で繰り返すということです。

例えば3分間サーキットトレを行うのであれば、無酸素運動3回、有酸素運動3回交互に繰り返すということになります。

ハッピー!サーキットダイエット
「寒天がなくなる」など社会的ブームを湧き起こした伝説の某番組でも紹介されていましたね
データ捏造などで大問題になり番組は打ち切られましたが、サーキットトレーニングダイエット自体は私が実践したところ効果がありました

サーキットトレーニングダイエット応用編

サーキットダイエットには部分やせの効果もあるのではと言われています。
無酸素運動を自分の気になる部分の運動に置き換えるのです。

ウエストが気になる方はひねりを入れた腹筋運動、ポッこり下腹部には足上げ腹筋とか、二の腕が気になる方は上腕の運動を入れるとか、応用次第ではいろんな部位の部分痩せに効果的かもしれません。


アクセス数: 45