ダイエット開始1週間のダイエット法と考え方

2014年3月10日ダイエット始める前に

ダイエット初心者

ダイエットを思い立ってダイエットを開始、目標やダイエットの進め方を考えると思う。
食事の管理はどうする、運動は何をどれだけどの時間に行うなど計画をたてるだろう。
ダイエットを始めたころのことを振り返って、ダイエット開始1週間の考え方、体験、経験、ダイエットのメニューなどを上げていきます。


ダイエットを意識する からだの状況を知る

ぶっちゃけた話をすると

ダイエット開始1週間は
ダイエットを意識するだけで1~2kgは痩せる

どういうことかというと、それまで「好きなときに好きなものを食べる」「疲れるからすぐに座る、動かない」など、生活において太っていくことに無頓着、痩せる、ダイエットなど意識しないで過ごしてきたから太ってるわけです。

そんな状態からなので、少しでもダイエットを考える、意識するだけで1~2kg程度なら別段特別なことをしなくても痩せるのです。
例えばこれまで見たこともないカロリー表示を見てみるとか、駅までの徒歩時間を毎日計って「今日は15秒短縮」なんてタイムトライアルしてみるとかでも随分違います。

ちょっとしたところで、ダイエットを意識することが大事なんです。


次にダイエットを開始するにあたって大事なのが現状を把握すること。
表現がおかしいが、「どんな風に太ってるのか」を知ることです。

体の代謝不足による肥満、内臓脂肪蓄積型の肥満、また摂取カロリー過多が原因の肥満なのかなど、原因とあわせて状況を把握する。

また、現在動ける状態なのか、どんな運動ができるのかを知っておくことが大切。
ダイエット開始!いきなりハードに動こうとしても動けないだろうし、激しい運動をしようとしてもできないだろうし、出来たとしても続かないだろうし、怪我につながる。

体組成計のすすめ ダイエットは減量ではない
ダイエット中に体重に一番目がいくのは当然のことなのだが、体重だけを追い求めるのはダイエットというより減量なのだ。
ボクサーなら計量までに減量すればいいのだが(もちろん筋肉を維持したままで大変)、ダイエットは体重を減らして終わりではない。
体重は減っているのに脂肪が多い隠れ肥満だったり、逆に体重は変わってないのに引き締まって見えるなど体重だけではわからないことがある。
体脂肪率、基礎代謝、筋肉量、骨量、内臓脂肪レベルなどが計測できる体組成計はダイエットには有用であるのだ。おすすめ人気体組成計


食事の面でダイエット開始1週間で考え、実践したこと

ダイエットといえば食事管理と普通思い浮かぶだろう。
正直な話をすると、経験上、体重を落とすには食事制限する方が運動するよりか有効なのですよね。

食事の面でダイエット開始1週間で実践したことは、ダイエットの食事管理でよく言われることばかりで食事制限というより食習慣の見直しですね。

カロリー過多にならない
カロリーをためない

1日3食朝昼版 間食・夜食はなし
最低寝る3時間前までに夕食は済ませる
できるだけ朝食をしっかり食べ 夕食は可能な限り軽め
水分をよく摂る ただし甘いジュース・砂糖入りコーヒーは飲まない
カロリー表示を確認する 表示のないものは食べない
揚げ物は食べない 脂っこいものは食べない 肉はササミ、魚は焼き魚

食事の面でダイエット開始1週間で実践したことはこれくらいです。
食事の量より食習慣を正すことを重点に考えてました。

あと、水分には注意してました。
固形物より水分の方が体への吸収が早いですよね、糖分の多い飲み物は影響が大きいです。


ダイエット開始1週間の運動

ダイエット開始1週間で実施した運動らしい運動はウォーキングのみです。
(ウォーキングを運動とは言わない人もいますが)
日ごろ何も運動していない状況で、しかも太っている状態ではジョギングでさえ無謀です。

ウォーキングする時間、距離、スピードを少しづつあげていました。
始めは30分程度、呼吸を意識して、手をしっかり振ることを意識してましたね。
慣れてきたら歩幅を広げてみるとか、ピッチを増やすとかしてました。

ただし、ウォーキングでは消費カロリー量にも限界があります。
(もちろん24時間歩くとかだったらすごいですけど現実的に無理)
1週間目以降、より消費カロリー量が多いジョギングに移行するために、インターバルジョギングをしていました。

最初は100mくらいからジョギングをウォーキングの間に行います。
100mジョギングして息が整う間ウォーキング、整ったらジョギング100mといったことを繰り返すのです。

ジョギング区間を無理のないように延ばしていき、最終的にジョギングに移行というわけです。実はこの方法初めからジョギングするよりきついんですけどね。
ジョギングで少しづつ距離を伸ばす方が実は楽なんです。


ダイエット開始1週間での運動として、生活の場面場面で少しダイエットを意識して工夫すれば随分違います。

電車で席が空いてるけど座らないで立つとか、つり革につかまらないで立つとか、つま先立ちで歩いてみるとか、デスクワーク中1分間床から足を浮かせてみるとか、いろいろダイエットにつながる工夫があるはずです。


ダイエット開始1週間のポイントは

意識づけ
習慣づけ
現状把握

現状把握についてはダイエットを続けていく上で常に必要です。
ダイエット開始1週間はちょっとしたことで痩せるので、この間に意識づけ、習慣づけを徹底するのがいいでしょう。

スタートダッシュ的に無理をしがちになることがありますが、ダイエットを続けてゆく上で足かせになる場合があるので、あせらずにゆっくり進めていく方がいいでしょう。

アクセス数: 175